あるショッピングサイトを利用してから、見覚えのないアドレスから英語のメールが来るようになった・・・
どこかからメールアドレスが流出したのか、出会い系サイトのメールがたくさん来る・・・
そういった迷惑メールの話は最近ではあまり聞かなくなりました。
今ではフリーのメールソフトでも迷惑メール防止の機能が高性能化しており、
私たちはそう言ったものに悩まなくてもよくなっています。

迷惑メールとは別に気をつけたいのがウイルスです。
ウイルスは基本的にメールに添付ファイルがあるので、覚えのない添付ファイルのついたメールが届いたら注意が必要です。

このサイトでは、メールについてのセキュリティについて解説します。

電子メール利用上の脅威

「アリス」が「ボブ」に電子メールでメッセージを送る場合、メッセージの先頭に宛名として、ボブのアドレスを付けて、送信します。電子メールの通信というのは、郵便葉書を使った、メッセージのやりとりと似ています。このメッセージがボブに届くまでに、いくつものコンピュータを経由しています。
この途中に経由しているコンピュータの操作者は、簡単にアリスの電子メールのメッセ-ジをみることができます。

いまや電子メールはビジネスアイテムとして手放すことのできないものになり、メールアドレスが各社員にあるのは当たり前の時代となりました。電子メールのメッセージは、葉書の裏に書かれた文章が、まったく隠されずに運ばれているのと、電子メールは誰でも気軽に使えるようになっています。しかし、この手軽さ故にセキュリティ問題の起点になることが非常に多くなってきました。

電子メールセキュリティで考えられる脅威はどのようなものがあるでしょうか。同じように、いくつものコンピュータを経由して運ばれて相手に運ばれていきます。そこでは、通信の経路上に関わっている人たちが良心を持ちあえて、数年前より電子メールを起点としたウイルス/ワームがシステムに甚大な被害をもたらし、その危険性が一般に知られることになりました。