安定した人気を誇るワイン、シャブリの魅力とその秘密を探りませんか?

フランスの辛口白ワインとして大人気のシャブリ

「シャブリ」という名前は巷でよく耳にするワインですが、ワインの中の定番中の定番なだけに意外と知られていない生育から出来上がりまでの奥の深いストーリーがあります。
魚介類とシャブリを合わせると食が進んだといった小説の一説や文章を目にされた方もいらっしゃることでしょう。イメージとしては辛口の白で、お魚や貝類のマリネに合うようなさっぱりとしたお味のワインだということは伝わってきますが、私たちが広く親しむようになった昨今のワインブームが起こるずっと以前から長く安定的に愛されています。

シャブリは、ワインの名産地であるブルゴーニュの端のシャンパーニュ地方に程近い場所で育てられており、「シャルドネ単一品種から作られるブルゴーニュワインの一品種」ということをご存知でしょうか。あまり知られていないかもしれませんが、その歴史を遡るとかつては海だったという独特の土壌、変化に富んだ厳しい気候風土との関わり合いから出来上がる「豊かなミネラル感と酸味溢れる味わい」の貴重なワインにはいくつもの興味深い側面があり、私たちに届けられるまでの長い道のりは大いに想像力を掻き立てられます。

またシャブリは、普段の夕食のメニューに合わせたり、気の置けない仲間とのホームパーティー、お誕生日のお祝いなどで準備したり、さらにはあらたまった席でワインを選ぶ際にも真っ先にその名が思い浮かぶというシーンに寄らない幅広さという意味でナンバーワンのワインかもしれません。
合わせたいお料理も、調理法・味付けに関わらずさまざまなメニューに対応可能で繊細な和食との相性も抜群であることはよく知られていますね。
イオンでは人気のシャブリをセット販売していたり、安いものでは1,580円(税抜)から用意があるようです。
人気のシャブリは品薄の状態が続いているお店もあるようですので、さまざまな品種を試してみてお気に入りのシャブリをみつけてみませんか?